• 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

営業日カレンダー

は休業日(通常毎週日曜日/年始)です。
商品の発送ならびにお問い合わせのお返事などは翌営業日より順次対応させて頂きます。 インターネットでのご注文は24時間365日随時承っております。

ご利用案内

当店の神戸牛に対するこだわり

旭屋の神戸牛は「ひとくち食べると思わず笑顔がこぼれる魔法の牛肉」

私が先代より後を継いだ時、常連様にこのように言われたことを今でも忘れません。
先代が永年積み上げてきた仕事がこの一言に凝縮されています。

ただ肉を切っているだけでなくお客様個々の好みをうかがい、いつも『美味しい』と言っていただける最高のお肉をお届けする。それが旭屋店主の務めです。

そのため神戸ビーフの生産農家を見て回り、
信頼のおける飼育方針、安全でこだわり抜いたエサを自家配合し
見た目の霜降りだけにこだわらず、本当に美味しい肉の味を追求している農家の中から
さらに大正創業の代々伝わる目利きで選んだ最高の肉質・脂質を兼ね備えた神戸牛を選んでおります。
飼育農家の努力の結晶が醸し出す”最高の味”を追及した逸品のみを販売することで今日も『ひとくち食べると思わず笑顔がこぼれる魔法の牛肉』と言っていただけると信じております。

旭屋のこだわり

旭屋特選神戸牛「菊華」と「極み」について

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み
株式会社 名産神戸肉 旭屋の代表「新田滋」が神戸ビーフの生産農家を見て回り、信頼のおける飼育方針・安全で、こだわり抜いたエサを自家配合している、見た目の霜降りにこだわらず、肉の味を美味しくすることに情熱を燃やす農家の中から、大正創業の代々伝わる目利きで選んだ、最高の肉質と脂の質を兼ね備えた神戸牛を、神戸ビーフの菊の紋章から「旭屋特選神戸牛菊華(きっか)」と呼びます。 また、その中でも希少な“雌の神戸牛”を“旭屋特選神戸牛極み”と呼び、どちらも並々ならぬ、飼育農家の努力の結晶が醸し出す“最高の味”を追求した逸品です。

店主のこだわり

旭屋店主がお客様に、品質・鮮度・安全性のある商品をご提供させて頂くにあたり、譲れないこだわりがあります。 子牛の頃から店主が牧場に通い、見守り続けた神戸牛。安心安全な神戸牛の中から、本当に美味しい個体だけを店主自ら厳守致します。 そして店主が自信を持って選んだ神戸牛を、一頭丸ごと買付いたします。 中間流通マージンや偽造も発生しないため、安心してご購入いただけます。

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

鮮度抜群

オーダーをお受けして発送日当日箱詰めする寸前に1件ずつ店主がカットいたします。切りたての美味しさをお届けいたします。

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

徹底した店主の情報管理

神戸牛旭屋で販売される神戸牛は生きているうちから店主自らが牧場でチェック!牧場長と店主のお墨付きのあるものだけを販売しています。

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

生産者がわかっているので安心安全

店主の牧場や牛のチェックがあり、牧場長の人柄や飼育方針、えさの成分や配合などがはっきりわかっているので安心安全です!

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

最高に美味しい

チェック済みで出荷された牛の中から肉質がさらに良い、店主が納得したものだけを1頭丸ごとセリで落札してきます。「神戸肉共励会」チャンピオン牛をはじめそれに準ずる最高の個体だけにこだわって販売しています。

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

最高級神戸牛がお買い得

ハリウッドスターや各国の国賓の舌をも魅了してきた最高級神戸牛!その価格はステーキ1枚15万円と聞いたことがありますがそれはレストランでのお話!神戸牛旭屋は、生産者がセリに出品した牛を1頭丸ごと落札してきます。 中間流通マージンが一切発生いたしませんしメーカーによる偽造などの心配もございません。世界最高級の神戸牛が通常売価より安くご購入いただけます。

旭屋特撰神戸牛 菊華 極み

安全性を証明!神戸牛の証明書付き

神戸牛をお買い上げのお客様には、神戸牛証明書を一緒にお届けしております。 これは購入して頂いたお客様へ、当店が扱う商品の安全性を証明するものとして添付させて頂くサービスです。

卸価格だから安い

旭屋の神戸ビーフが安いのは、食肉センターの競りで枝肉を買うからなのです。
競りに来ているのは、問屋さんがほとんど。お店に出されるお肉は、食肉問屋を通るほど中間の流通マージンが発生するため、値段が高くなります。 また、牧場(生産者)の方も来られているので、沢山のいろんな話を聞けるのがとても面白いんですよ。
自分の店で売る牛の生産者の顔が見えることは、販売時の安全・安心、そして何よりも自信につながってくるのです。
旭屋特撰神戸牛 菊華 極み
店主自らセリへ出向き牛を細かくチェック!

こだわりの神戸牛と熟成法

一言で神戸ビーフと言ってもピンキリです。 少なくとも神戸ビーフの認定をもらえた牛肉は、霜降り肉であるのが当たり前。
旭屋がこだわるのは“肉質”と“脂質”です。 肉質は肌理(きめ)が細かく、締まりの良いものを。
肌理が粗いとしゃぶしゃぶなどの料理にすると、舌触りが重くなります。 脂質は限りなく白く、人肌の温もりで“とろり”と蕩けるほど、融点の低い物を。すきやきにすると、口に入れた時に綿あめが溶けるのと同じような“ふわっ”とした食感が癖になります。
このような条件をクリアした牛肉は、たとえ赤身の部位でも味が強く、コクが深いのです。
しかしそれは、熟成をしっかり行った上でないと生まれません。 牛肉は殺して、すぐに食べても美味しくありません。
熟成期間を経て、はじめて“味”になるのです。

一般的にと殺して10日~14日間で、牛肉のアミノ酸の量が最大になります。
つまり、この頃が一番食べ頃ということ。 旭屋では、さらに一工夫した熟成方法で、お客様に本当に美味しい食べ頃のお肉をご提供しております。

▲ページの先頭へ戻る